学校給食週間 1

1月21日.JPG

給食ができるまで.JPG

1月24日~30日は学校給食週間です。今年はささゆり学園では1月21日~25日を学校給食週間として中学生が考えた献立や5年生が育てたお米、中学生が育て1年生が摘んだ七草など子どもたち自身が給食に関わるメニューが多くでてきます。給食、調理員さん、お家の人、給食に関わってくれた全ての人に感謝できる機会になればいいな、と思います。ホームページでは少しではありますが、給食週間の様子を紹介していきます!

1月21日
今日の献立は豆腐ハンバーグ、ほうれん草のみそ汁、冬の炊き込みご飯、牛乳でした。この献立は中学1年生の生徒が考えてくれました。献立を考える時に工夫したポイントは、豆腐を使ってヘルシーに、そして旬の野菜をたくさん使ったところだそうです。旬の野菜であるほうれん草や大根、ごぼう、れんこん等がたくさん入っていました!見た目も鮮やかで、しゃきしゃき、ほくほくと食感も楽しい献立でした。
 実は豆腐ハンバーグはささゆり学園になってからは初登場でした。給食に出すために調理員さんと「このままじゃ物足りないかな?こうしたらどうかな?」と一緒に試作を頑張り、実現したメニューです。普段の給食にはこのような苦労が隠れているので、苦手なものも「だって嫌いだから!」という理由で残すのではなく「少しは頑張ってみようかな…」という気持ちになればいいなと思います。
*おまけ*
 『給食ができるまで』という掲示を作りました。図書室の横にはっています。普段見ることができない、給食を作っている様子の一部を紹介しています。給食を作る道具『スパテラ』(大きなヘラのような道具)と身長比べもできますよ。ぜひ見てみてください。

更新日:2019年01月25日 19:17:24