開校2年目を迎えて

4月10日、学校は新しい年度の始まりです。子ども達は、ひとつ上の学年に進級しました。おめでとう!クラス替えがあり、担任の先生も替わりました。新しい出会いです。新しい教科書、今までと違う教室、新しい仲間・・・・フレッシュな気分で皆が始業式を迎えました。開校2年目となる今年は、周りの仲間は見たことのある人ばかり。昨年とは違う雰囲気ですが、それでも新しい出会いに、皆が緊張しているように映りました。始業式の後に行われた入学式では、小学校では51名の1年生を迎え、全336名で、中学校は63人の入学生を迎え、全200人、ささゆり学園としては全536名での新年度のスタートです。

能勢ささゆり学園では、育ってほしい児童・生徒像があります。この4つの姿を大切に、充実した学校生活が送れるよう指導、支援していきたいと思います。

■自分が好き!~自分のもちあじを大切にし、自信の持てる子~

日々、勉強や部活動等努力している自分、友達関係や将来のことに悩みながらも一所懸命頑張っている自分、失敗や伸び悩み、短所も素敵な自分だと認め、自分で励まし褒め、さらに伸びようとするそんな姿のことです。

■能勢が好き!~能勢の良さを知り、能勢を誇りに思う子~

自然豊かな能勢、宝物がいっぱいある能勢…そして、何より人のつながりを大切にするとても温かい町であることに誇りをもち、その能勢をもっと知り、より良くしようとする姿のことです。

■仲間と共に!~仲間のもちあじを尊重し、共に活動する子~

学校は集団生活を営む場です。学級の、学年の、学校の…更に学園の仲間と共に、様々な活動を通してその目標を達成したり、課題を解決したりする場です。時には意見のぶつかり合いやうまく力を合わせられないこともありますが、逆に支えられたり、相談にのってもらえたりと、仲間の力により乗り越えられることもたくさんあります。そんな仲間としっかりとコミュニケーションをとろうとする姿のことです。

■夢がいっぱい!~自分の道を自分で切り拓き、自分の生き方を実現する子~

様々な経験を積み、いろいろなことにチャレンジし、素敵な人とたくさん出会い、将来なりたい自分をしっかり見つけ、「こんな生き方をしたい!こんな仕事をしたい!こんな大人になりたい!」と将来の自分像を持って、日々努力する姿のことです。

536人の力で、すばらしい学校を創出しましょう!

能勢小学校 校長 萱野喜一郎
能勢中学校 校長 後藤るみな

更新日:2017年05月11日 15:04:07